はじめに…♡

占いは、“自分にない気づき”や“見えない答え”をくれるため、今でも沢山の人が占いを信じています。実際に私もその中のひとりです。しかし占い師を目の前にして限られた時間の中で、「何を聞けばいいのか分からない」と思う方も多いと思います。

「時は金なり!」ということで限られた時間を有効活用するために、スムーズに占い鑑定ができる為の方法5つをお伝えします!

 

もくじ
方法①聴きたいテーマをはっきりさせておく。
方法②状況をあやふやに伝えない。
方法③写真や生年月日の事前準備。
方法④占い師に心を開く。
方法⑤みんながする質問のまとめ
まとめ

 

方法①聴きたいテーマをはっきりさせておく。

まず鑑定を受けるにあたって必要なことは何のテーマにするかを決めることが重要になります。

限られた時間を有意義にするためには、「仕事」なのか「恋愛」なのか、それとも「全体の運勢」をみるのかなど鑑定方法もかわり、また30分や60分枠のなかでどのテーマに重きをおきたいのかを明確にしておくとスムーズな鑑定ができるようになります。
全てを占い師側に託してしまうと「あれもききたかったな」と心残りになる場合もあるからです。

方法②状況をあやふやに伝えない。

次に良い鑑定にするためには今の状況を伝えることはとても重要なことになります。
例えば、「好きな人がいます。彼は私のことどう思っていますか?」という質問があるとしましょう。

この答えていく上で、「既婚者なのか」「片思いなのか」「恋人なのか」色々な状況があるので、あやふやにしてしまうと時間のロスにもなりかねません。

簡単な情報はハッキリと伝えておきましょう!しかしあまり話しすぎると、占い師の持論が入る可能性もあるので、簡単な情報だけで構いません!話しを聞きたいという占い師さんにはちゃんと説明してあげたほうがいいですね!

方法③写真や生年月日の事前準備。

スムーズな占い鑑定に必要なアイテムは、占いたい相手の生年月日や写真はとても重要になります。
もちろん生年月日なしでも占うことはできますが、
「より深く、より効率の良い作戦を立てる」ためには、事前に調べておくとスムーズな鑑定ができます。

「タロットだけでみて下さい」という生年月日をあまり好まない方もいらっしゃいます。そのときは鑑定前にお伝えいただければ可能です!!

方法④占い師に心を開く。

スムーズな鑑定を進めるために、占い師さんに心を開くことも効率をあげた鑑定ができます。

緊張感や疑心は占い師側にも伝わります。また状況をつかむための時間を費やしてしまうと、相談者の占いたい質問を時間制限により減らしかねないからです。

方法⑤みんながする質問のまとめ

ほとんど占いをしたことがない方の共通で一番多いのが、「聞きたいことはあるのに何を質問していいかが分からない」という方です。
もちろん占い師側から、「こういうこと聞きたいかな?」と鑑定をリードしていきますが、聞き落としがないように事前に聞きたいことリストを作成することをお勧めします!

占い上級者さんになると、鑑定の効率を考えて質問リストを作成しているかた多いです。またさらにきっちりと時間配分もできるほどのリスト作りに私も驚かされます。
そこで皆さんが一番多く質問することランキングをまとめてみました。

今回は一番多い恋愛の質問リストです。
*彼の気持ち
*彼は他に好きな人がいるのか
*自分をどう思っているのか
*かれが私にして欲しくない注意事項
*どうすればうまくいくか
*彼と(特定女性)の仲はどうですか?
*彼はどんな人ですか?
*どんな恋愛をしてきましたか?
*彼の好きなタイプはなんですか?
*彼の短所は何ですか?

まとめ

いかがでしたか?
占いをするにあたって効率よくスムーズに鑑定するための5つの方法でした。
相手には伝える勇気がないけど、聞きたいことってありますよね。小さな疑問は蓄積し、自分の心をむしばみかねません。
そんな時は占いに頼ってみるのも素晴らしいことです♡