はじまり♡

前回の「科学が証明!ポジティブ思考の作り方♡」に少し紹介させていただきました、打ち明けるための“ハート日記”について本日はどんな内容を書くと効果が出るのかを説明いたします。もちろん自分の心と向き合うための日記なので、マイナスな気持ちなどもぜひ書くこともおすすめいたしますが、今回はポジティブ思考になるためのプラスな書き方をご説明いたします!

もくじ
○感謝をあらわす
○理想的な未来を書き出す
○愛をこめて書く
○まとめ

 

○感謝をあらわす

幸せという感情を高めるために、絶対的に効果をもたらすのが”感謝をあらわす”ということ。
人は音楽や風景、匂いなど、体験し続けると人は慣れてしまいます。そしてそれは最初は幸福になってもしだいに意識をしなくなってしまうのです。 慣れはいい時も悪い時にも現れますね。そしてそれは、私たちの日常にも起きることです。大好きな恋人に対して、家族に対して、かわいい子供、自分の良い部屋、お友達、仕事のやりがい、お腹いっぱいになるほどの食べ物、お気に入りの洋服、五体満足な健康的な体…  それもまたなれてしまえばありがたみを感じなくなるのです。

“ありがたみは失ってはじめてわかる。”

失う前に今の現状でも幸福感を味わいたいものですね:) そのためにも今私たちができることは、日々の感謝をつづることです。 感謝をあえてノートに書く…その瞬間ですら幸せな時間ですね!

○理想的な未来を書き出す

幸せという幸福感を目指して文章を書く場合、感謝だけではなく書くことはあります。それが”理想的な未来”を書き出すことです!ただ理想的な未来にも落とし穴はあるということはまた次回書きますが、ここでは描く理想の未来は、あくまで現実逃避のような非現実ではなく「全てが最高にうまくいっていて目標が達成された場面を想像し、その時の感情を書き出すかのように書いていきましょう!

 

ワクワクどきどきする未来… 笑顔になるための理想的な現実的未来を描きましょう♡

○愛をこめて書く

そして最後にもう一つ、「愛情のこもった文章」の効果を調べた研究があります。愛のある人間関係がその人の心や身体に良い影響を与えるのは誰もがわかることですが、はたして愛を受けとるからか、愛をあらわすからか、それとも両方が効果をもたらすのか。それをアメリカの大学で「20分間の間にその相手が自分にとってどれだけ大切か」を書く実験をしたところ、愛情を表す文章を書いた人は幸福感が大幅に増加し、ストレスが減り、コレステロール値もかなり下がったという実験結果になったのです!
自分の愛を表現することは心と身体に大きな変化を起こすことができるということで、

自分への愛をこめた言葉、家族へ、友人へ、恋人へ、仕事への情熱へ、身の回りの日常に対してあらゆる愛のこもった言葉をノートに書いてみましょう♡

○まとめ

いかがでしたか。 ひとつひとつていねいに書くということは気持ちの整理から、心身ともに豊かになることができるのですね♡ 私たちは忙しく毎日を繰り返すなかで少しでも豊かな気持ちになれる時間はとても大切です。 慌ただしいからこそゆったりとした時間をあえて作ることで心に余裕が生まれ、人生すらも繁栄することができるのですね! 小さな幸せを見つけましょう♡